院長からの一言

早期発見、早期治療

いままでここでは主に心臓血管系のおはなしをしてきました。確かに日本人において、心臓血管系の病気は重要で、脳卒中を含めるとおよそ3割の方が心臓血管系の病気で命をおとしているといわれています。また、日本人の死因の第一位はがん […]

続きを読む »

善玉コレステロールを増やすには?

高血圧や糖尿病の患者さんに、当院では原則半年に一度採血の検査をしています。そこでよくあるのが、総コレステロールはそう高くないのに、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が低い場合です。HDLコレステロールとは、血管壁 […]

続きを読む »

慢性閉塞性肺疾患(=COPD)って何?

慢性閉塞性肺疾患とはChronic(=慢性) Obstructive(=閉塞性) Pulmonary(=肺) Disease(=疾患)という英語の病名を日本語に直訳したものです。日本語にしろ英語にしろどっちにしてもながっ […]

続きを読む »

愛煙家のみなさん、そろそろ潮時ですかね?

たばこ吸いにとっては肩身の狭い時代になりましたね。嫌煙権なんて言葉が使われ始めたころ「なにを神経質なことを言ってる、吸ってる俺のほうがよっぽど体に悪いにきまってるだろ」なんて思ったことはありませんか?最近ではほとんどの公 […]

続きを読む »

血液検査データの考え方

人間ドックや健康診断ではほとんどの場合血液検査をおこないます。そしてその結果が「正常値」より高かったり低かったりすると「異常」とか「問題あり」とか判定されます。本当にそうなのでしょうか?  そもそも「正常値」とはどうやっ […]

続きを読む »

脂肪肝なんてたいしたことない?

検診をうけたとき、かなりの人が肝機能障害を指摘されると思います。その大部分のひとが脂肪肝と診断され、指摘を受けても「脂肪肝ならたいしたことないや」と思って放っておくことが多いのではないでしょか?  確かに脂肪肝の多くは良 […]

続きを読む »

上の血圧と下の血圧の差は大きいほうが良いのか?小さいほうが良いのか?

まず上の血圧(=収縮期血圧)と下の血圧(=拡張期血圧)の差を脈圧といいます。一概にはいえないが、一般的には脈圧は小さいほうが良い、つまり例外もあるが、上の血圧と下の血圧の差は小さいほうが良い、が答えです。脈圧が65をこえ […]

続きを読む »

歩くと足が痛くなる

ちょっと遅くなりましたが皆様明けましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。 今回は足を栄養する血管の動脈硬化のおはなしです。歩くと足が痛くなる病気には、最近みのもんたさんが手術して話題になった脊柱管狭窄症 […]

続きを読む »

まずは出来るところから

ここで何回か動脈硬化について書いてきましたが、今回はその対処法について述べたいと思います。 まずは心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化による病気がどのくらい多いのか?ということですが、2002年のWHO(世界保健機構)報告によ […]

続きを読む »

狭心症と薬剤溶出性ステント(DES)について

まずは狭心症について解説します。狭心症とは心臓を栄養する血管(冠動脈といいます)が動脈硬化を起こし狭くなることによって起こります。安静にしているとき心臓の筋肉はあまり酸素を必要としないので、冠動脈に狭いところがあってもな […]

続きを読む »

« Prev - Next »